オルニチンの効果とは?

しじみやあさりに含まれるオルニチンは、二日酔い予防やダイエット効果に注目される口コミで注目を集めはじめている人気のサプリです。

前へ
次へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二日酔い対策に効果的!

オルニチンは、数ある肝臓の働きにうち、特に解毒に大きく関与しています。

沈黙の臓器で知られている「肝臓」が、アルコールや薬、有害なアンモニアを分解する重要な働きを担っていることは、皆さんもご存じでしょう。

このアンモニアを分解するサイクルは「オルニチンサイクル」とも呼ばれ、アンモニアの分解にオルニチンが欠かせないことを示しています。

体内のオルニチンが増えると、オルニチンサイクルが活発に働き、解毒がスムーズに行われることに繋がります。また、この作用が肝細胞内のミトコンドリアの働きをサポートし、肝臓全体の機能が活性化しますので結果的にエネルギー産生にも好影響を与えます。

オルニチンは、これらの効果を持って、二日酔い予防や、アルコール性疲労の特効薬として知られています。

オルニチンには脳の視床下部に働きかけて成長ホルモンの分泌を促進させる働きがあります。

成長ホルモンとは、その名のとおり、身体機能の成長を促すホルモンで、筋肉作り・脂肪の分解を促進・エネルギー産生をサポートするなどの働きがあります。

オルニチンをしっかり摂取すると、効率的な筋肉作りを助け、基礎代謝の向上に繋がりますので、ダイエットやメダボリックシンドローム予防に活躍します。

※オルニチンは、脂肪燃焼に働き掛ける数少ないアミノ酸です。

オルニチンとは?

しじみ

オルニチンとは、体内では特に肝臓で活躍している遊離アミノ酸の1種で、アルギニン、トリプトファン等と共に成長ホルモンの合成・分泌に関わっており、摂取されると腸で吸収されて肝臓や腎臓、筋肉などに移行することが知られています

「肝臓に良い食品」として認知度が高いものに「シジミ」がありますが、その健康効果の鍵が、実はオルニチンであると考えられています。

副作用や過剰摂取の心配はあるの?

オルニチンの摂取による重篤な副作用は、現在のところ報告されていません。

オルニチンは、体内に蓄積される成分ではありませんので過剰摂取よる副作用も殆どありません。

1度に10g以上を摂取した際に、胃腸の不調 (腹痛、痙性胃痛、下痢) が起こる場合があるとの報告がありますが、実際、現実的な数値ではありませんし、オルニチンの特異的なものではなくアルギニンなどのアミノ酸を一度に大量に摂取した場合に起こりうるものと同程度と考えられています。

効率的に摂取するには?

オルニチンの1日の摂取目安量は400mg~1000mg程度と言われています。

一見、少なそうに見える数値ですが、毎日この量を食品から摂取しようとする事は、かなり非現実的なのが現状です。

オルニチンを最も多く含む食品「しじみ」でも、100g当たりに含まれるオルニチン量はわずか10mg~15mg程度でしかありません。

このように、とても身近な食品に含まれるオルニチンなのですが、どれも微量にしか含まれていない為、食事で補うことはなかなか難しいのです。

そこで登場したのがオルニチンサプリメントです。
サプリメントであれば、手軽に毎日しっかりと摂取出来ますので、オルニチンの摂取には理想的だと言われています。

【当サイト利用時の注意点について】
サイト内に記載しているサイト管理人の経験や情報収集によるものもあり、内容について当サイトが保証するものではありません。最終的なご判断は自己責任でお願いいたします。また、当サイトに記載している内容により生じた、損害やトラブル等には一切の責任は負えませんのでご了承をお願いいたします。

オルニチンの基礎知識

オルニチンは肝機能のサポートに期待されているアミノ酸の1種です。オルニチンにはアルコールによる疲労や二日酔い予防に対する働きが期待されています。

  • 健康お悩み解決NAVI
スポンサーリンク
ページのトップへ戻る